マスカケ線

これは有名(笑)な「マスカケ線」です。平仮名の「て」に見えますね。知能線と感情線が一つになり、手の平を横切っています。100人のうち2、3人ほどしかいない珍しい手相です。 変人だと思われる方も多いのですが、ユニークな面を持ち、度胸もありチャンスをつかみます。 マスカケ線を持つ方は、好きな事ややりたい世界が見つかると物凄い力を発揮して、驚くような実績を上げられます。 反面、夢中になれる事が見つからない時は、その実力を発揮することができずに、「変人」で終わってしまうことも。強い個性を生かすも殺すも自分次第の手相です。 好きで好きでたまらない事を見つける事で、成功できる強運をもっていますので、もし子供さんが「マスカケ線」を持っていましたら、子供さんの「大好き」の芽が見つかるように、周囲は見守ってあげて下さいね。

知能線10(終点の枝別れ)

知能線の終点が枝分かれしている方は、好奇心が旺盛でチャレンジ精神たっぷりの方です。日々アンテナを張って、興味ある事を探しておられます。 また特に枝分かれが大きな方は、変化に対応する能力もあり、接客業などにも向いています。 枝分かれが小さめの方は、分野の似た二つの世界で活躍されたり、仕事の他にもプロ並みの趣味があったりするような、充実した人生を送ることができるタイプです。

知能線9(商才線)

知能線からこの図のように、小指の方へ向かって支線が伸びている方は、頭の回転が速く、金銭感覚が抜群で、お金を運用したり生み出すような仕事や、経理・経営などの仕事が適職です。コミュニケーション能力も高いので、人望もあり、商才があるということも教えてくれる線ですので、”商才線”と呼ばれています。 趣味が高じて、事業を始めたりという事ができる方です。

知能線8(下向き支線)

このような知能線から下向きに枝分かれしているような線が出ている方は、好奇心が強く、興味をもつとその事に夢中になる方です。 しかも、違う世界・方面の事・仕事・趣味でも、こなしていく力を持っています。 例えば、会社を経営(実業家)しながら、楽器演奏も得意だとか、展覧会で賞をとるような絵が描けるというような、多芸多才なマルチな人がうらやむ才能をお持ちの方です。 誰もが努力を続けていると、このような知能線の支線が出てきます。

知能線7(二重知能線)

中にはこちらの方のような知能線が二本あるような方もおられます。知能が二つという事ですので、二つの事(違う仕事が二つや、仕事と他の分野もなど)を同時にやれるという多芸多才な方です。 線の出方は色々ですが、こちらの図(1と2)のような出方ですと、1の離れ型の大胆で陽気な面と、2のくっつき型の用心深い面の両面を持っている方という事になります。やってみたいことや気になることを次々とものにしていける能力があります。 知能線が途中で枝分かれしている場合も二重知能線と同じく、知的アンテナを沢山持っており、好奇心旺盛で、色々なアイデアが湧いてくる方です。

カテゴリー
最新記事
タグから検索
アーカイブ

    ​Sakura Tree代表 錦里未紀

    Copyright © Sakura Tree  All Rights Reserved.

    • o0200020013372500852
    • social05